> リレーブログ > 公務員が機械学習の勉強会に来る街!? 松江にIターンしてきたワケ
島根UIターンリレーブログ

公務員が機械学習の勉強会に来る街!? 松江にIターンしてきたワケ

更新日:

こんにちは。 株式会社パソナテックの吉富です。

Iターンで島根県松江市に移住してきたエンジニアです。

田舎生まれ田舎育ちなので都心との比較はできません。
なので、「田舎のメリット」的なものは他の方のブログを参考にしてください。

実際に松江で働いて今まで感じたことを書こうと思います。
島根へのUIターンに興味がある人の参考になれば嬉しいです。

軽く自己紹介

– 出身:長崎県佐世保市
– 前職:鳥取県のIT系中小企業
– 松江に来たきっかけ:婚約 大学が鳥取大学だったことこともあり、以前は鳥取市内の企業で働いていました。

松江への移住のきっかけ

エンジニアとして働くのならば、やはり、転職する際に都会で働くことは頭によぎると思います。
(地方エンジニアならなおさらかと) 私も実際、前職を退職する際、東京や地元に近い福岡で再就職するか、かなり悩みました。
※福岡はIT系に力を入れているニュースを度々見ていたので本当に直前まで悩みました。

地元に帰省したときも友人からは「なぜ鳥取で働いているのか」と問われ、また、SNSで見るエンジニアたちが楽しそうに勉強会へ参加している様子を見ると、(勉強会などが少ない)地方でエンジニアとしてやっていくことが少々不安になることがありました(というか当時はモチベーションが下がっていました) 。
そんな中、彼女との婚約を機に転職+引っ越しすることを検討していたのですが、試しに(彼女の職場があった)松江でIT系の就職先を探すと、ゴロゴロと思った以上にエンジニアの求人がありました。
「Rubyの聖地」と呼ばれていることや、IT企業の想像以上の多さに興味が湧き、ありかなと思いました。
そんな感じでふらっと松江に移住することに決めたのですが、実際に松江で働いてみると、想像以上に楽しかったです。

島根県の本気

松江に移住してきてまず驚いたことは、県や市の職員さんたちがITで島根を盛り上げることに本気だということです。
話してみると「え?この人、元エンジニアなのかな?」と思ってしまうぐらい情報量がエグい公務員の方たちがいらっしゃいます。
当時はものすごいインパクトでした。

それまではあまり公務員の方と話す機会が多くなかったので、勝手なイメージで民間企業と行政はかなり隔たりがあると思っていました。

プログラミング言語の話をしている公務員の方々には、めちゃくちゃ親近感がわきました。
そしてとても友好的に接してくださる方ばかりで、そんな方々と話していると、自分もITに携わる者としてなにか役に立てないかと思うようになりました。

機械学習の勉強会とかに公務員の人が来ていたりすると「なんでいるの?笑」ってなって面白いですよ。

エンジニアの仲間を見つけやすい

島根県は人口の割合から考えると、IT企業の数がかなり多い県だと思います。
そして、主に松江市を中心にオフィスがあります。
そして、何かにつけて松江市の中でITのイベントなり勉強会を行っています。

つまり松江駅の近くまで来ると徒歩圏内ですぐにイベントにいけます。
何なら駅周辺に住めば、イベントに行き放題ですね。
(イベント後の懇親会で飲みつぶれても心配いらないですね) イベントジャンキーの人は大歓喜です!

というのは半分冗談ですが、 地方からIターンで来た私は、松江オープンソースラボという市が管理している交流拠点があることに感動しました。
松江オープンソースラボはOSSに関することであれば、無料で利用できる施設なので、勉強会やイベントの会場として多く利用されています。

以前は行きたいイベントがあっても車がないと行きづらい場所でやっていたり(車を持っていない)、そもそもイベントをしているところが分散していて、初めて行く場所には気持ち的にハードルがあったりと、なかなか積極的にイベント行く気持ちにならなかったのですが、松江では勉強会やイベントはだいたいオープンソースラボでやっているので、興味があるイベントだったらふらっと会社帰りによってみようかという気持ちになります。

何回かイベントに参加していると、顔なじみになる人もどんどん増えました。 楽しそうなところに首を突っ込んでいるとモチベーションも上がります。

都心じゃないけどエンジニアとしての刺激もちゃんとある、っていうのも松江の魅力かなと思います。

最後に

さて、何かしらUIターンの参考になることはありましたでしょうか。

最後に蛇足ですが、 松江(山陰?)では「嫁ターン」とかいって、奥さんの故郷が山陰だから移住してきたという人がホントに多いです。
私もその一人ですが、「PCとネットさえあればどこでも仕事できるぜ!!」って息巻いているエンジニアが「じゃあ、故郷に帰りたいんだけど」って奥さんに引っ張られてくることが多いんですかね。

でも子育てのこととか考えていたら、奥さんの実家に近いのっていいですよね。 自分も今後のこと考えると松江に来てよかったなと思います。

それでは、最後までお読みくださってありがとうございました。

吉富光章さん
(株式会社パソナテック 島根Lab)
吉富光章さん(株式会社パソナテック 島根Lab)

長崎県出身。大学は生物系の学科に進学したがITへの興味が大きくなりIT企業に就職。婚約を機に松江にIターン転職。いろんなことに興味があるので「趣味を探すのが趣味」みたいな状態。

この記事に関連する求人


Share this post :

島根でエンジニアとして働きたいと思ったら、「IT WORKS@島根」に登録。
島根県内の最新求人情報の紹介や、定住までのバックアップをします。

「IT WORKS@島根」に登録

>> プライバシーポリシー